プロジェクトの流れProject Flow

※「おとめ桜」での製作の流れに沿っています。作品や地域によって進め方は都度異なりますのでご了承ください。

映画製作の流れ

プロット作成

この段階で、地域プロモーションのアイディアやネタを入れ込むことも可能です。

脚本執筆

脚本コンテストの開催で、全国的な周知度アップを狙うことも可能です。

キャスティング

地元出身の俳優を起用すれば、さらに地域プロモーションにつながります。

ロケハン

地域の名所旧跡をはじめ、映画のシーンを描くのに適したロケーションや建物・施設を探します。

衣小・かつら合わせ/本読み・リハーサル

 

撮影

「おとめ桜」の撮影では、白河市に1週間泊まり込みで連日撮影を行いました。

編集

国際映画祭に出品するため、英語の字幕付も行います。

ポスター作成

映画祭への出品

国内外の国際映画祭に出品し、映画による地域プロモーションとインバウンド誘致を目指します。

地域プロモーションとの連動

地域・題材の選定・決定

地域に伝わる民話や伝説など、地域市町村・行政の協力体制を得て進行していきます。

制作予算・全体スケジュールの作成

地元企業・団体への協賛・後援の呼びかけも開始します。

SNSでの情報発信

ホームページの開設やSNS(Facebook、Twitterなど)の活用で情報発信していきます。

公開オーディション

『おとめ桜』 のヒロインおとめ役の最終審査は、福島県白河市の「さくらまつり」会場で公開オーディション形式で行いました。

ロケ地協力

時代劇の場合、周囲に現代物(電柱や鉄筋建造物など)がないことが理想です。「おとめ桜」では時代考証や資料提供(貸出)などにもご協力いただきました。宿泊施設でのご協力も歓迎です。

制作発表・記者会見

「おとめ桜」では、ロケ地でもある南湖公園でクランクイン前日に記者発表を行いました。

ボランティア、エキストラ協力

撮影現場での交通整理やケータリング手配など。エキストラとして出演の機会もあるかもしれません!?

上映イベント、地域プロモーション活動

映画の完成後は、各地での上映会や地域プロモーションに活用していただけます。協賛社様での社員向け上映会など福利厚生にもご活用ください。
福島県白河市のコミネスで行われた「おとめ桜」試写会には、白河市内外から1100名が来場しました。

上記に記載のない内容でも、地域プロモーションにつながるアイディアがありましたら
各地域に応じて対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。